片山 幸子 Katayama Sachiko

6歳より池田瑞臣、和田寿子の元でモダンダンスを始める。日本女子体育短期大学舞踊専攻卒業。池田瑞臣、和田寿子作品に数多く出演する。2009年自ら『哀しい嘘』を振付し、(社)現代舞踊協会「新人舞踊公演」(全労済ホール:スペースゼロ)にて上演。2014年 文化庁次代の文化を創造する新進芸術家育成事業 現代舞踊新進芸術家育成Project1「全国新進舞踊家による現代舞踊フェスティバルin東京」(メルパルクホール)にて中村しんじ作品『芸術ってなんですか?』への出演を機にナチュラルダンステアトル の創作活動に参加。2017年コンテンポラリーダンサーの小松あすかの創作活動に参加。