2005年の初演以来、日本、アメリカ、ヨーロッパなど、世界各地で上演。
子供から大人までの観客から圧倒的な支持を得る、ダンス・エンターテイメントです。
 
『さーかす』は現代っ子の主人公「一郎」の、心の成長を描いた物語です。
一郎は、自分のやりたいことが見つからないで、憮然と毎日を過ごしていました。
ある日、突然、一郎の目の前に、サーカスの巨大なテントが出現する。
そこに現れたのは、シルクハットをかぶった団長、ピエロのフジオさん、
背中に羽のある美しいサーカス娘、など、個性豊かなサーカス団。
一郎とサーカス団との、出会い、心温まる交流、そして、別れまでを描いた作品『さーかす』。
寄ってらっしゃい!見てらっしゃい!
昭和のサーカス団が、現代っ子の心に、“生きる力”を吹き込みます。
 
はじめに、 「さーかす」は物語をダンスで表現するエンターテイメントです。
何事もシステマチックに速く進んで行く世の中で、「生きる」というテーマで作品を創りたいと思った。
そこから、「豊かになった時代を生きる一人の青年」と「貧しい時代を生きたサーカス団」が、
時空を超えて出会う物語の構想が生まれた。
「さーかす」は、子供も大人も、そして国や文化の違いを超えて誰もが共感できる
舞台創りを目指して作られた作品です。
 
2005年 文化庁委託事業「文化庁新進芸術家公演事業」山口県、広島県、佐賀県
2006年 新国立劇場委託事業「DANCE EXHIBITION」新国立劇場 小劇場
2008年 新国立劇場委託事業「ダンス名作展」新国立劇場 小劇場
2008年 アメリカン・ダンス・フェスティバル 北米(ノースカロライナ州)
2009年 ドイツ巡回公演(デュッセルドルフ、ミュンスター、フランクフルト、ポツダム)
2016年 文化庁委託事業「文化芸術による子供の育成事業」
2017年 文化庁委託事業「文化芸術による子供の育成事業」
2018年
・文化庁委託事業「文化芸術による子供の育成事業」
・8月 韓国公演/城南(ソンナム)アートセンター:Seongnam Arts Center
・10月 鳥取県教職員互助会委託事業