まず、ひとり目の登場人物。名前は「一郎」と言います。
一郎は、自分のやりたいことが見つからないで、
毎日をダラダラと過ごしていました。