クリエーティブ

 
ナチュラルダンステアトルは、「ダンスイノベーション」をテーマとしています。既成概念やジャンルの枠にとらわれず、発想力を、創造力を、人材を、自由に組み合わせて、総合的なステージアーツを発信し続けています。
 
基礎体力や技術力を高めることはもちろんですが、ナチュラルダンステアトルのダンサーは、ひとりひとりがイノベーターです。様々な事業生、対象者、TPOに合わせたスキルを実践的に学んでそれぞれの個性を生かしたアイデアと表現力を実践現場で遺憾なく発揮してもらいます。
 

ナチュラルダンステアトルの出身者には、加藤朋美(シンガポール/arts fission、ドバイ/Sima dance company)、西舘典子(ドイツ/Tanz Bielefeld)など、海外のダンスカンパニーに入団し活動を続けています。2018年7月に上演した新作『ねむり姫』では、次世代共同制作として西舘典子が一部振付を担当しました。
 
外で得た経験をどんどん次世代の人たちに引き継ぐと同時に新しい情報や感覚を取り入れ、作り手を育てる環境づくりを大切にしています。作品を踊りたい、作りたいという人は、まずは、スタジオへ。

LinkIcon