カンパニープロフィール

 
芸術監督は演出家・振付家・舞踊家の中村しんじ。2012年に株式会社ナチュラルダンステアトル として法人化したプロフェッショナルなダンスカンパニーです。
 
芸術監督の中村しんじは、1981年に渡欧、当時モーリス・ベジャールが学長を務めていたベルギー国立舞踊学校ムードラに入学。卒業と同時にベルギーを拠点に活動していた振付家のミーシャ・ヴァン・ノック率いる「ロンソンブルバレエ団」に入団。ヨーロッパでダンサーとして7年間活動した後、帰国。1991年に自らのカンパニー「ナチュラルダンステアトル 」を設立。
 
1998年に『ありす』(音楽新聞社'98 私が選んだ邦人作品ベスト3第1位)、2000年に『ピノッキオ』(社団法人現代舞踊協会江口隆哉賞)、2003年に『東京ダンスホール』、2006・2008年に『さーかす』等 上演(新国立劇場委託公演)。子供から大人までの幅広い観客層の感動を呼び起こした功績が認められ、中村しんじは2006年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。


作品『ありす』は、2001年から6年間にわたり北海道から沖縄までの全国を巡回公演し、2003年にデンマーク国際演劇舞踊フェスティバル、2008年にジェイコブスピロー・ダンス・フェスティバル(北米)で招聘公演を行う。
 
主要メンバーの川野眞子は、2003年(財)松山バレエ団芸術奨励賞、2005年(社)東京新聞中川鋭之助賞を受賞。2005年に文化庁新進芸術家公演事業として自ら『さーかす』を振付し、演出を中村しんじが手がける。作品『さーかす』は、山口県、広島県、佐賀県の3都市で上演、2006・2008年に新国立劇場委託公演、2008年にアメリカン・ダンス・フェスティバル(北米)、2009年にドュッセルドルフ、フランクフルト、ミュンスター、ポツダムのドイツ4都市、2018年韓国のソンナム・アーツ・センターで招聘公演を行う。
 
プロダンサーの育成、次世代を担うダンサーの創作活動支援、ダンスによる教育・地域への社会的支援の取組、指導員の育成にも力を入れる。
 
【直近の自主公演事業】
平成28年度(5月)25周年公演『HITONAMI〜いとなみ〜』座 高円寺2
平成29年度(3月・4月)ナチュラルダンステアトル・ステージ・アーツ2017 公演『どぼん』座 高円寺2
平成30年度(7月)ナチュラルダンステアトル・ステージ・アーツ2018 公演『ねむり姫』渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
 
【委託事業】
05'新進芸術家公演事業公演。08'-09'芸術の魅力発見事業、08'-18'本物の舞台芸術体験事業、子どものための優れた舞台芸術体験事業、次代を担う子どもの文化芸術体験事業、文化芸術による子供の育成事業等、文化庁事業。
その他、神奈川県、茨城県、愛知県、兵庫県、三重県、広島県等、県・市・NPO法人の公益事業。
18'(8月)韓国招聘公演(ソンナム・アート・センター)。


LinkIcon