今、新進芸術家として最も注目されるダンサーのひとり、中川賢さんが、作品の一部の振り付を担います。
中川賢さん主演、また、アンドロイドが凶暴化するシーンを自ら振付してもらいます。若手ダンサーには、物語の展開と合わせて様々なダンスシーン、振付に挑戦してもらいます。なにかとリスクが先行しがちな世の中、世代を超えた出演者によって生み出される、爆発的なエネルギーは、公演の一番の見どころです!

主演・次世代振付家共同制作(振付)/中川 賢

6歳から現代舞踊を和田朝子に師事。
関東国際高校演劇科卒業。日本大学芸術学部演劇学科洋舞コース卒業。
2003年〜2009年まで、現代舞踊公演『火の鳥』主演のほか『回転木馬』カーニバル
ボーイ役や『イーストウイックの魔女たち』マイケル役などミュージカルにも出演。
2009年から日本初の公立劇場専属舞踊団新潟市りゅーとぴあ「Noism1」にて活動、
2018年『ROMEO & JULIETS』ティボルト役で退団した。
2019年3月平山素子演出『POISON』に出演にて活動再開。今後幅広いジャンルでの活躍
が期待される。