私たちナチュラルダンステアトルと、世界的に活躍する映像クリエーター飯田将茂さんとの、他分野共同制作の初めての挑戦は、2017年公演
(座 高円寺2)、さらに翌年の2018年
(渋谷区総合文化センター大和田 さくらホール)。そして、令和元年のアートダンスカナガワNo,12『ねむり姫〜眠りの森の美女・未来版〜』へと続きます。どこまでも、身体に寄り添い、それをミクロからマクロまでの自由自在に表現するところが、飯田将茂さんの作る映像の特徴です。照明家の森規幸さんによる圧巻の美しい世界観、動く舞台装置(美術:王様美術)など、子供も大人も楽しめる公演内容です。

映像クリエーター/飯田 将茂

2014年よりコンテンポラリーダンサーと共同で全天周映像ダンス作品の制作に取り組み、2015年に上映会「トップシークレット」(科学技術館、東京)、2016年に上映会「AFTERCHERENKOV」(ギャラクシティー、東京)を開催した。2015年に発表した作品『Fementation』は、ドイツのイエナで行われたFulldome Festival 2015で最も革新的な作品に与えられる特別賞として“AWARD for Use of Innovative Production Technologies”を受賞。また同年ポルトガルのエスビーニョで開催されたImmersive Film Festivalでは、最高賞に当たる“Best of IFF'15”を受賞。
飯田将茂HP

 


 

 

飯田将茂・最新情報!

プラネタリウムで見るドーム映像作品「HIRUKO」
舞踏家の最上和子を主演に撮影した映像作品です。
日時:
7/21(日)18:00開場 18:30上映開始 トークゲスト:乗越たかお氏(舞踊評論家)
8/18(日)18:00開場 18:30上映開始 トークゲスト:宇野常寛氏(評論家)
9/16(日)18:00開場 18:30上映開始 トークゲスト:未定

場所:西新井ギャラクシティ 

 
HIRUKOウェブサイト 

トレーラー 

作品感想まとめ(togetter) 

 
チケット購入はコチラ▶︎